HIBMSからのメッセージ

HIBMSからのメッセージ
ひょうご粒子線メディカルサポート『HIBMS』は、兵庫県立粒子線医療センターが永年積み重ねてきた粒子線医療に関する専門性の高い多岐に渡るノウハウ、これらを新たに粒子線医療に取り組まれる医療機関の皆様にお届けするため設立されました。
粒子線医療は、身体への侵襲性が低くがん患者さんの速やかな社会復帰を後押しするのに適した医療です。私たちHIBMSは、兵庫県が培ってきた粒子線医療ノウハウを余すところなく皆様に提供し、粒子線医療施設の立ち上げに伴う様々な壁を共に打ち破り、一日でも早く粒子線医療をがん患者さんにお届けしたいと切に願っています。

医療に国境はありません。HIBMSの活動は、国内に限らず世界に目線を向けています。HIBMSがお届けするノウハウが、世界中のがん患者さんに希望をもたらす一助となるよう、国外の医療機関の皆様とも共に歩んでゆきます。HIBMSは、がん粒子線医療の世界各地での普及を後押しするコンサルティング事業を通じ社会に貢献していく、そんな存在であり続けたいと考えます。

代表取締役社長
岡本周治